おなじみ荻原梓さんのコラムが「Real Sound」に掲載『鈴本美愉と小林由依 欅坂46のパフォーマンス支える対照的な二人の魅力』

“攻撃型”の鈴本美愉と“自在型”の小林由依 欅坂46のパフォーマンス支える対照的な二人の魅力

 

9月28日に開催された『Rakuten GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER』に欅坂46がライブ出演した。

今年で20回目を迎える同イベントは、これまで「渋谷からアジアへ。そして世界へ。」をスローガンに、2010年から年2回にわたって開催されてきた日本最大級のファッション&音楽イベント。今回は人気モデル総勢130名に加え、乃木坂46やアンジュルムを始めとする豪華アーティスト陣が会場を盛り上げた。開催地は幕張メッセ国際展示場。欅坂46はそこで「OVERTURE」を皮切りに「アンビバレント」「風に吹かれても」「危なっかしい計画」の3曲を披露した。今回、平手友梨奈は欠席。そのため各曲には代理センターが立てられた。「アンビバレント」では鈴本美愉が、「風に吹かれても」では小林由依がそれぞれセンターに立ち、グループとしての層の厚さをアピール。現地は彼女たちのパフォーマンスで大盛況だったという。そこで今回は、センターを担当した2人のパフォーマンスの魅力について考えてみたい。

写真・全文はこちら
引用:Real Sound



※動画は配信元の都合により削除・変更される場合があります。