Twitter「#いつもありがとう欅坂46」が誕生から3時間でトレンド1位の事象が「ねとラボ」に掲載。ネガティブ報道に立ち向かえるのはファンによる「愛の避雷針」

ネガティブ報道に立ち向かえるのはファンによる「愛の避雷針」 ファン考案のハッシュタグ「#いつもありがとう欅坂46」が誕生から3時間でトレンド1位の快挙 

ここにあるのは愛の避雷針。

[Kikka,ねとらぼ]

欅坂46を応援するファンが考案したハッシュタグ「#いつもありがとう欅坂46」が、考案からわずか3時間で日本トレンド1位を獲得し、多くの人の心を動かしています。欅坂46とチーム欅坂46に届け、この思い。

ハッシュタグを考案したのは、ダンス講師で欅坂46ファンのけやきの木(@keyakinoki_mori)さん。11月16日に「週刊文春デジタル」が「一部メンバーが現在海外留学中であり、帰国後卒業する予定だ」という内容の報道を行ったことがきっかけでした。

この報道に対する反応で目立ったのが、メンバーの家族に直撃取材を行ったという『週刊文春』の取材手法の是非と報道された情報の精度に関してのコメントで、ネット上では「人のプライベートにここまで踏み込むものではない」「家族にアポ無しで取材とか怖えよ」「大切なプライベートの時間に入り込んでくんなマジで最低だよプライバシーの欠けらも無いじゃん」「公式で公表されてないのに文春が公表できるってどゆことなん?」「公式からの発表を待つしかない」など批判や混乱の声が上がりました

全文・画像はこちら
引用:ねとラボ

微力ながら当サイト及び姉妹サイトTwitterも応援。



※動画は配信元の都合により削除・変更される場合があります。