欅坂46 平手友梨奈 映画『響 –HIBIKI-』主演で『2019年第43回エランドール賞』新人賞にノミネート!

平手友梨奈 映画『響 –HIBIKI-』主演で『2019年第43回エランドール賞』エランドール賞新人賞候補 女性16名に選ばれました。

映画『響 -HIBIKI-』予告。

エランドール賞について
1968年エランドール賞(ELAND’OR:黄金の飛翔)と改称し、従来の製作会社を母体とする推薦方式を改め、理事会の常設機関としてエランドール賞委員会を設け、選考基準を成文化しました。
(協会賞は昭和37年、特別賞は昭和47年に設定、平成6年より協会賞はプロデューサー賞と改称、平成13年より作品賞を設定したが、平成24年これをとりやめた)
協会員は選考基準に基づき、候補者及び参考作品を投票によりノミネートします。

エランドール賞委員会は協会員の投票結果を参考にして候補者を選出し、理事会に答申します。
理事会はその答申を受けて、検討の結果、受賞者を決定します。

新人賞は一年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる賞です。
1956年の第一回では石原裕次郎、高倉健などが選ばれており、その歴史伝統の重みから、業界の数ある賞の中でも最も権威あるものの一つになっております。

特別賞は年度内顕著な実績を示された方々に贈られます。

プロデューサー賞は年度内顕著な実績を示された方々及び優秀な働きを示したプロデューサーに贈られます。

引用:日本映画テレビプロデューサー協会

※動画は配信元の都合により削除・変更される場合があります。